setokouchanの日記

もうすぐ70の年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍と灼熱地獄で家でごろごろ。現在は子供の頃を思い出しながら妄想中。観音巡りは休業中です。ごめんなさい。カテゴリー用の丸数字が50を超えたらなくなった。

⑩ノア、病気になるpart3

 引っ越し先で病魔に襲われ、ドンドン痩せていくノア。
 獣医さんと何度も治療方針を相談する。抗ガン剤もいく種類もある。まず効果のありそうな薬を注射する。家では、飲み薬を与えた。そうして様子見。
 
 飲み薬を与えるのは、大変だ。錠剤はすぐに吐き出す。つかまえて無理やり与えるがだめ。キャットフードに入れても除けて食べる。
 
 ここから知恵比べ。大好きなチュールに粉にした薬をねりこみ、食べさせた。初め食べたが、すぐに拒否。
 獣医の先生はさすが上手に与える。「上あごの裏にぬるように与えると飲みこむよ」と教えてもらう。
 6kg以上の体重のノアを抱きかかえ、動けなくして上あごにぬる。朝晩2回与えた。時間が来ると、いやな場面がきたぞとノアも気付く。自分の前から脱兎のごとく逃げる。それを追いかける自分。暇な年寄りだから、できたと思う。

 >

薬が嫌で隅っこに逃げ込むノア
<食べることが大好きなノアも、食べる回数が減れば、当然痩せる。
 獣医さんに行くたびに500gずつ減っていく。辛かったはずだ。でも夕方の散歩は続いた。獣医さんは、好きな物を食べさせてもいいですよ。いろんなフードを試した。結果ははかばかしくない。
 そんな状態が続くなか、先生が調べてくれた。抗ガン剤を、違うものに変えた。先生も一生懸命だった。

 半年かかって復調の兆しが見え始めた。その時の体重が3kg台に。なんと半分近くになっていた。

 ペットだって家族の一員だ。なんとかしてあげたい。