setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑪PHEVは今日も走る

 三菱自動車の車との付き合いは、エクリプスクロスPHEVで6台目だ。多くは妻や息子の車だ。初代ランサー、ランサーフィオーレ、FTO、コルト、ミラージュ、そしてこの車、これは自分のだ。
 >

初代ランサー(1973年発売開始)
<なぜ三菱と聞かれることがある。いろいろ不正事件があったが、ディーラーの問題ではなくメーカーの上層部の問題だ。
 フィオーレに買い替える時に友人にすすめられ訪れたのが春日井篠木店だ。今だに付き合いが続いている。

 T車やN車の大ディーラーのセールスは次々に替わっていく。売ってあげようか?という姿勢が見受けられたとき、その店には二度と行きたくなくなる。S車も3台乗り継いだ。でも売れるようになると同じだった。(全国同じということではなく、あくまでも自分が関わった店だけだ。でも今までにたくさんの店に行っている。)

 >

FTO(1994年発売開始)
<三菱のディーラーには同じ雰囲気がある。悪く言うと、ださい、でも人間味がある人が多い。充電しながら、愛知や岐阜のディーラーに寄る。やはり同じ匂いがする。リコール問題があって急速に会社の勢いが衰えた。NO.3の地位もどこへやら。それでもへこたれずがんばってきた。

 40年もの間、自分みたいにわがままなユーザーにも文句も言わず付き合ってくれた営業マン。店長まで出世しながらも、腰が低くそれまでと同じように相手をしてくれた。その彼もこの6月で退職した。

 お疲れさまでした。ありがとうございました。


 写真は、三菱モータースの公式サイトの「三菱自動車の歴史」から拝借しました。