setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑯尾張33観音巡り(1月14日)その2

 陶昌院を出て上末の道を南下。旧国道155号線で西へ向かう。小牧城(小牧の市街地)方面だ。市民会館北を左折すると右手に23番札所玉林寺が見える。

 

尾張33観音 23番札所 玉林寺

 太寿山 玉林寺 本尊が如意輪観世音菩薩の曹洞宗のお寺だ。

 この観音像は、小牧・長久手の戦いのとき、家康が小牧山の堀を掘ったさい土の中から出てきたものと言われる。山門から入ると、大きな小牧観音様が迎えてくれる。当然本物ではないだろうが、しっかりお参りさせてもらった。

玉林寺山門

 

 

 国道155号線に戻り西へ。小牧山を過ぎすぐ右折すると24番札所飛車山龍音寺だ。

尾張33観音 24番札所 龍音寺


 飛車山 龍音寺 十一面千手観世音菩薩を本尊とした浄土宗。 尾張33観音巡りをしていて初めての浄土宗のお寺だった気がする。

 昔から日本で唯一『お乳のお寺』として知られ、間々本町(ままほんまち)にあることもおもしろい。おっぱいというとなんとなく気恥ずかしいが、昔は深刻な悩みだったんだろう。自分の小さい時、乳を貰いに行くこともまだあったように記憶する。

いろいろなところにお乳が

 この日は、4か所まわった後、国道41号線を北上し湯の華市場に行って野菜を買った。充電は、可児の三菱に寄り、