setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑬ラムvsノア

 ノアの病気ばかり書くと暗くなる。今日は、明るい記事にしたい。

 

 毎日2回は繰り広げられるノアとラムの運動会。最近は暑い日が続くので休憩する時は、相手の動きを観察しながら床に身体をつける。でも互いに視線は外さない。

 

 バトルが始まると、ラムは、まともに相手をすると不利なので高い位置に逃げるか、ベッドの下に逃げ込む。ベッドの下にはノアは入れない。理由は簡単、病気が治り、よく食べるから、当然太って当たり前。

 ラムは、ベッドの下にはいりこむと、背中を床に付け、足の爪でベッドの裏を思い切りける。滑るようにまわりながら逃げ、ノアがのぞくと引っ掻く。ノアはベッドの周りを走りながらラムに攻撃を仕掛ける。でも根負けするのはノアなのだ。口の下が引っ掻かれ痛そうにしていることも。

 ベッドの裏側は、2年しか使ってないのにキズだらけだ。

 

ラムを見張っているノアくん

 

ベッドの下を滑りながら移動するラム

 運動会を終え、二匹の猫がにらみ合う。そして別の場所で寝る。平和な世界だ。