setokouchanの日記

もうすぐ70の年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍と灼熱地獄で家でごろごろ。現在は子供の頃を思い出しながら妄想中。観音巡りは休業中です。ごめんなさい。カテゴリー用の丸数字が50を超えたらなくなった。

⑫美濃33観音巡り(5月17日)その4

 31番札所法幢寺は美濃33観音の中では新しい方だ。この数年の間にいくつかの寺が、霊場をやめ、新しいお寺が入れ替わった。ブームにのれない小さなお寺はやめざるを得ないのか。この世界も弱肉強食なのか。
 国道248号線を西に、稲辺の信号を右に行く。『志野もみじ街道』を左折し、面白い形の幼稚園の手前を左に行く。狭い路地を回り込んでいかないと山門はない。広い駐車場が山門の横にある。

美濃33観音 31番札所法幢寺

 31番札所 金鳳山 法幢寺 聖観音を本尊とする臨済宗妙心寺派のお寺だ。
 さっそく言葉に出会えた。「一大事とは 今日 只今の 心なり」の張り紙あり、色々考えたが自分では理解できない。修行不足である。他の方のサイトを見ると違う言葉がある。月によって替わっているんだろう。
 
 納経印をいただいて、今日最後の目的地 16番札所願成寺に向かう。再び国道248号線に戻り西へ向かう。東海北陸道関IC近くで左折し南下、倉知桐谷を右折する。大洞で左折し山に向かう。

16番札所 願成寺

如意山 願成寺 十一面観音を本尊とする真言宗智山派の寺院だ。
 
 境内に中将姫誓願桜があり、周辺は公園となっている。しかし、駐車場が分かりづらくうろうろした。他の車も行ったり来たり。近くに来てもたどり着けない、いつもの自分だ。もう一度戻ってみると「せいがん」という蕎麦屋さんがあり、その手前で左に曲がると寺務所があることが分かった。

 寺務所前に車をとめ、石段を登って本堂へ。今日最後のお寺さんなので 世界平和・コロナ退散・家内安全などたくさんのお願いをした。

 東海北陸道から東海環状道路を通って帰れば1時間で帰れるが、このまま南下すれば各務原に出られると考え、三菱の江南店を充電兼休憩場所にした。平和主義者なのになぜか各務原岐阜基地の近くを通ると、飛んでいる戦闘機が気になる。F2戦闘機はカッコいい。世界平和をお願いしているのに軍用機にわくわくしてしまう。矛盾だらけの自分がいる。