setokouchanの日記

もうすぐ70の年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍と灼熱地獄で家でごろごろ。現在は子供の頃を思い出しながら妄想中。観音巡りは休業中です。ごめんなさい。カテゴリー用の丸数字が50を超えたらなくなった。

㉚穂の国観音巡り(3月6日)その3

 3番札所4番札所と順調にお参りできた。しかし、前芝にある5番札所の蛤珠寺(こうしゅうじ)は見つからなかった。広い道から裏道に入ると、すれ違いなど全くできないどころか曲がることもできない。川沿いからも入れない。バックで戻ること、他人の庭に入り込むこと、何回したか。不審者間違いない。パトカーが来るのではと思いつつ、パトカーも曲がれないだろうなと思った。
 墓地があり土塀に矢印があった。自分の技量では曲がれない。切り替えしたがダメ。車を買って1年、そろそろ擦るはず。いつもそうだった。バックで逃げ帰った。
 頭を使ったので腹がへった。コンビニで購入。大崎の海岸で食べた。

 10年ほど前まで、西岩田町の運動公園通りに松屋といううどん屋があった。豊橋に来るときは松屋で冷たい天ころうどんを食べた。これがめちやめちゃ美味しいのだ。帰りには天かすが貰えた。我が家は、昼は麺類ばかりだ。これに天かすを入れる。たとえ特価で買ってきたうどんだって高級感が出る。
 残念ながら建物が古くなったのか廃業された。

 その後ご主人たちはどうしたのか、豊橋のネットワークを使って調べた。息子さんがお店を出した。その場所が豊橋の前芝だ。モーニングにうどんが付いてくることでテレビでも取り上げられた。キッチンベルタという名前だった。2・3度客として行った。御主人は覚えていてくれて、懐かしい冷たい天ころうどんをいただき、天かすまで貰えた。知らぬ間にそのお店もなくなっていた。何処かでお店を出していたら直ぐにでも行きたい。

 今回行きたいと思っていた蛤珠寺は店からそう遠くない位置にある。4・500m北にある店は国道23号線という広い道の裏道になっていて知っている人しか行かなくなってしまう。新幹線が通ると主要駅の周りは賑わうが、周りの地方都市は景気が悪くなる。規模は違うが、同じ構図だなと思う。

 今回、五番札所にたどり着けなかったのは、恥ずかしい事を言ってしまうが、このお寺の読み方が分からなかった、だから人に聞けなかったからだ。この罰当たり目がと、近寄ることすら許されなかったからだろう。ついゴメンナさいとつぶやいて、帰途についた。