setokouchanの日記

もうすぐ70の年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍と灼熱地獄で家でごろごろ。現在は子供の頃を思い出しながら妄想中。観音巡りは休業中です。ごめんなさい。カテゴリー用の丸数字が50を超えたらなくなった。

㊻男もあるよ更年期前編

 先日、ある芸能人の方、男にも更年期障害があるよと記事に書かれている。自分も同じ意見だ。
 現職の時の1年に1回の定期健康診断、いつもほとんどの項目がA判定だ。55歳になるときかかりつけの医院の先生が、今年度から前立腺の検査ができるようになりました。どうしますか?何でも関心がある自分は「お願いします。」即答。血液検査だ。この検査最初の一人になった。ひと月後検査結果を聞きに。
 結果は見事に最初の前立腺検査の要精検になった。数値はわずか超えた程度だったので、「大丈夫ですよ。殆どの人は、何ともないですよ。」と優しい先生だ。
 気楽な気持ちで総合病院へ。下の穴から指を入れられ前立腺の細胞をとる。
 数週間後、「奥様と一緒に来院してください。」の電話があった。精密検査の結果は「腫瘍ですね。」
 改めて泌尿器科の外来でどうするか相談した。その先生は、腹腔鏡手術もあるが完全には取り切れないとのこと。「さらにぼく(先生)は開腹手術は回数をこなしていて、術後の治りも早いです。」との話。仕事柄、長く休みたくない。「この腫瘍は成長は遅いので休めるタイミングでやりましょう。」どう見ても切りたくてたまらないタイプだ。
 「半年後に開腹手術で全部取ってください。」が結論となった。

 男でも更年期があるよの中編につづく。