setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

58. 子供時代の遊び

 55年ぶりの同窓会。懐かしい顔は当時の遊びに結び付く。普通メンコと呼ばれる遊びは、豊橋では、いや自分の周りかもしれないが、パンキーと呼んでいた。上手な子は、相手のカードを取り上げる。自分は常に取り上げられる側だ。強い奴は、次から次へと無情に取り上げる。
 たくさん集められたカードは油紙なる水を弾く紙に包まれて縁の下に入れられる。何百枚と貯められたパンキーが今も残っていれば、マニアにはたまらないだろう。持主は、数十万円にはなるだろう。

 駄菓子屋で、5円で5枚買えた。表には、当時流行っていたマンガや映画、テレビに出てくる場面が描かれていた。時代劇の主人公が多かった。暴れん坊将軍は、一緒に遊んだ。彼は当時から負けない、勝ちっぱなしだった。一つ学年が下の彼は、その時からもう勝ち組だった。

 暴れん坊将軍って同じ町内の子だと聞いたのは、自分が就職してから数年後。母親が出した名前は、近所のワンパク少年だった。

 漫画では赤胴鈴之助伊賀の影丸、テレビで隠密剣士が誰しも知っている名前だった。チャンバラごっこも流行った。自分は切られ役なのに、彼はいつも正義のヒーローなのである。彼は子供の頃から輝いていた。
 最近地元に帰ってきた。今、会っても君、誰だったけとしか返ってこないかも。でもいい、自慢できる幼馴染がいただけで嬉しい。また、全国区に返り咲いて欲しい。