setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

72. 子供の頃のいけない遊び その2 修正あり

 観音巡りに行けない。この場で告白して観音様に許しを得ることを願う。過去に危険な遊びをしていました。

③花火だ。かんしゃく玉がある。地面に思い切りぶつけると、パ~ンとはぜる。これだけなら可愛い遊びだ。これを車にわざと踏ませるのだ。どうなるかは想像できると思う。時には、爆竹とかジェット2B弾をタイミングよく投げると、パンクと間違えたドライバーが降りてくる。遠くから知らん顔している悪ガキがいた。自分はそんな勇気はなかったはずだ。でもかんしゃく玊ぐらいはやったのかな?
 ジェット2B弾と呼ばれた花火は、マッチ箱の横で、こすると火がつく。タイミングよく投げると、着地と同時に爆ぜる。怖がりの自分がこの花火を使えるようになるのは、高学年になってから。
 他校の児童が、ポケットにこの花火とマッチを入れていた。その後、救急車で運ばれたと聞く。先生は、この話をして絶対にするなと、念を押した。

④自動車の直前や直後の横断。車の数が少なかった時代だ。

⑤パチンコ
パチンコは別名ゴム管だ。又になっている木の枝の2か所に、自転車屋さんで買ったゴムを固定。飛ばすのは小石。これは強烈な勢いで飛ぶ。小鳥なら落とすことができた。危険なので禁止になる。

(追記) ジェットと書いた花火は正しくは2B弾ということが分かった。するとジェット?という花火は、導火線が長く大型の爆竹より音の小さな花火だったんだろう。仏様用のろうそくと大きさ形が似ていたように思う。