setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

②豊橋産業文化大博物館

 北名古屋市の昭和日常博物館に行って、びっくりしたのがこれ。生まれ故郷の豊橋のもの。産業文化大博覧会と名前がついた明治キャラメルだ。えっ???ここになぜ豊橋があるのか。数千個(小さいものまで入れると万単位になりそう)もある展示物の中に、豊橋って文字を見つけてしまった。よく見ると豊橋産業文化大博覧会とある。自分は全く記憶にない。知らないことはネットに聞こうと思い検索。あった。1954年に行われた博覧会だ。

豊橋産業文化博覧会の記念に発売された明治キャラメル

 豊橋産業文化大博覧会は,第2次世界大戦後豊橋市が消費都市から産業都市への転換を目指し,不景気を打開するため,昭和29(1954)年3月20日から5月10日まで,吉田(豊橋城址をメイン会場として開催された。』

 豊橋公園で行われた博覧会だ。総入場者が116万人もの人が訪れたようだ。知らなかった。吉田城跡があり豊橋球場、動物園、電車通り沿いには、厳しい公会堂があった豊橋公園だ。遠足でよく行った記憶がある。そこで当時20万人の豊橋で大博覧会が開かれていたなんて。恥ずかしながら、北名古屋市で知った。

 豊橋産業文化大博覧会をネットで調べていると、偶然、豊橋市議の長坂なおとさんのブログを見た。彼が、豊橋百科事典を電子データ化に努力されていることが分かった。彼のことは全く知らなかったが、ブログでは、1983年生まれとある。若者がここでも頑張っている。