setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

84. 子供の頃のいけない遊び その4

 小学校には、講堂と呼ばれる、今で言うと体育館のような建物があった。いろいろな式をやったり、体育に使った。少しいかめしい場所でもあった。記憶は曖昧になりつつあるが、5年生の頃、校舎の建て替えをしていて、この講堂を区切って教室にしていた時期があった。
 講堂だから舞台があった。舞台の前の方に20㌢☓30㌢程度のフタが何か所かあり、中に入られるようになっていた。多分電気の点検口だったんだろう。中は真っ暗で、迷路のようになっていた。上級生の遊びが伝わってきたんだろう。この迷路の先は、講堂の裏側につながっていた。四つん這いになりながら、手で通路を確認しながら進む。怖がりの自分は先頭はできない。15分程度の冒険だったが面白かった。出口付近にノミが多くいることがわかりやらなくなった。

 今考えると感電しなくて良かった。知らないことは、強い。