setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑧ネコの気持ちで家造り

 ネコは1日に。何度か走りたがったり暴れたがったりする。二匹で追いかけっこをする。部屋飼いするのには必ず運動不足にならないための考慮が必要だ。
 
 豊川のサーラ住宅の展示場で会った営業マンがいた。父親が岐阜の建築会社だったか大工さんだったか記憶は曖昧だが、若い方だった。ネコのための家造りを一緒に考えてくれた。階段の踊り場に、キャットコーナーを作ったり、登れるように壁面に板を取り付けることや、壁に穴を作ること、室内ドアにネコがくぐれるドアを作ることなど。話しているだけで、ネコ好きだと分かり小一時間も喋ってしまった。

>

ラムをガン見する我が家のボス猫ノア
< 玄関から廊下、洗面所からキッチン、寝室からダイニング、全て繋がっていて、内扉さえ開けておけばぐるぐる回れる。途中階段があり、身軽いラムは階段を駆け上がる。しかし、身体の重いノアは曲がれず通り過ぎてしまう。
 これは、自分達の動きやすさを考えて造ったのだが、ネコにも結果的に良かったのだろう。最近ノアは、ラムを待ち伏せるようになった。見渡せる場所を考えて床に寝転がる。疲れなくてすむ作戦だ。少し走ってそして食べる。太るはずだ。

 結果的に良かっことの一つだ。