setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

92 言霊 その4

 中-高学校時代古典が大嫌いだった。英語も嫌いだった。なぜだろうと考えた。『イトヲカシ』なる単語が頭の中でグルグル回っている。当時、可笑しいと答えるとブー、『とてもおもむきある』が答だった。面白いと考えた方が解りやすいのに、わざわざ難しい言葉に変換していた。おもむきがあると答えた方が学者や古典の教師には格好いいのだ。これは邪推だとは思う。『イトオカシ』くも何ともない。

イラストポップさんより拝借


 更に、◯◯活用なる訳の分からない文法が教えられる。これがテストになる。英語も文法を知らないと英語の成績が悪くなる。楽しくない苦痛の授業だったんだろう。当時の先生の顔まで覚えている。ごめんなさい。

 今の教育がどうなっているのか分からない。でも、頭のいい人が評価されるんだろう。詐欺師になる人はきっと頭がいい。手口は『丁寧に説明します』とか、『本人が説明する』と言いながら、何の説明をしない。頭のいい人はすごいなあ。