setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

96 怖かった台風

 以前にも書いたが、子供の頃の台風は、怖く、我が家は非常事態宣言下にあった。テレビのアンテナを降ろす。昔のアンテナは、四方から針金で固定していた。窓や玄関は戸板を釘で打ち付ける。当時のガラスは簡単に割れるからだ。

 当時買えるようになった懐中電灯と替えの電池、明かり採りにするロウソク、ラジオ。必ずといっていいほど停電した。そしてバケツやタライ。

 伊勢湾台風が来たときは1年生の時だ。ラジオからアナウンサーが◯◯ミリバールとか紀伊半島に上陸しましたとかさかんに叫んでいた。昔の家だから、風が強まるとよく分かる。不気味な音が響く。家の中にも風が感じられる。

 違う台風だったが、屋根の瓦が剥がれ穴があいた。皆で一箇所に集まっているすぐ上だ。雨漏りばけつーっ、タライなど闇の中で指示が飛ぶ。台風が通り過ぎようとしているときだ。台風の眼の中に入る。するとパッと風が止む。あいた屋根の穴から空が、さらに星までが見えた。15分ほどするとまた風が吹き始める。

 吹き返しの風は、もう怖くはない。吹き返しの風で山側から吹いてくるからだ。近づいてくる台風の風は海側からまともな勢いで吹く。風の向きはロウソクの炎で分かる。

 どういう訳か台風は夜中に来ることが多く、余計に怖かったんだろう。

 伊勢湾台風の次の日は快晴だった。後から知ったのだが、名古屋の南では大災害が起きていた。5000人を超える死者行方不明者があった。

 14号の動きが心配だ。