setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

81. 今日の空(今年最後の夏の日)

 やっと、星が美しく?見え始めた。この一週間以上どんよりとした雲がわが町の上にあった。一番星が見えたのは、お盆過ぎだった。本来は、西の空に金星が見えているだろうが、我が家から、猫と一緒に散歩している数十㍍の世界からは見えないし、西の空にはいつも雲がかかっていた。
 今日の4時頃は、東の空に入道雲が形を次々と変えながら現れた。カメラをいつも持っているわけではないので撮ってない。台風の影響だろう。青空は高くなっている分、入道雲が活発だった。7時過ぎに再び猫と外に出た。秋田犬や柴犬に会えなかったものの、空には星が幾つも見えるようになった。自分の頭の天辺辺りにある星が一番輝いている。火星だろうと思える赤っぽい星もあった。
 名古屋の近辺に住んでいると真冬でも星の数は少ない。高校生だったとき、豊橋の表浜海岸で見た星は素晴らしかった。数分のうちにいくつもの流れ星が走った。空が満天の星という表現が相応しく思えたのは、その時は彼女ではなく男3人組だった。