setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

④家を建てる

 長久手展示場て出会ったI工務店のSさんは若いが結構、苦労人だ。この業界で長く活躍している。説明もわかりやすく、いろいろと教えてくれた。
 この工務店では、契約するのに手付金が必要だ。お金も納めてから、設計に入る。自分の考えている家の具体的な構想を伝えて、設計図を作ってもらう。何度も話し合う。
 注文住宅だから、自分の思い通りの家にしたい。間取り、外観など考え始めると、やれないことが出てきた。かなり制約されることが分かり始めた。太陽光発電システム一体型の屋根も付けなければならない。 
このシステムは売電で支払われるから、形式上は無料になる。10年以降、売電は自分のものになるとのこと。普通の屋根にすると逆に高額になる。???うーん、何故?蓄電池業界に同じような仕組みを考えて、いろいろな業者が乗り込んでくる少し前だ。太陽光発電買い取りなんとかホニャララ制度が無くなると騒がれたころだ。

 Sさんは、頼もしいし信用できる。I工務店は、テレビでは全くコマーシャルは流さないが絶好調の会社だ。
 最後、彼にゴメンナサイと言ったのは、やはり自分の好みの家はできそうもないからだった。結局同じような家にしかならない、どこから見てもI工務店の家になってしまう。
 車で言うと、スポーツカーだ。高性能でなくても自分好みの家がいい。猫たちとノンビリと過ごせればいいのだ。ポルシェでもレクサスでもなく、ちょっと性能の良い国産車でいいのだ。

 Sさんには本当に悪いことをした。彼は彼なりに一生懸命努力してくれたことは確かだ。白紙にしてしまった。