setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑤6月は田植えで酒が飲めるぞ~

>

田口にある関谷酒造(蓬莱泉)さんです。
< この頃、ビールの宣伝を見るたびに飲み会ができた頃を思い出す。
 よく飲みよくしゃべった。一生懸命、自分の考えを仲間に主張してきた気がする。今は仕事をしなくなり人と接触する機会が激減。言葉を出さなくなった。身近かで出す言葉はグチっぽくなってしまう。
 このブログという発信手段はある意味、口にしなくても自分の考えをまとめる新しい形態なのかもしれない。
 しかし言葉にして直接伝えることは忘れてはいけないことなんだと思う。
 酒が飲めるぞの歌。歌詞を忘れて思い出そうと、ネットで調べた。同年代の仲間よ。また一緒に歌える時が来ることを期待しよう。

 写真は関谷酒造さんのホームページから転載しました。
 30年ほど前まで瀬戸の品野に柴田酒造(明眸)があった。とてもおいしいお酒を造っていた。残念ながら今はなくなってしまった。ここの杜氏さんが関谷酒造さんでも活躍されていると聞く。いつも美味しいお酒をありがとう。

 明治用水の取水口が今だなおっていない。農地に水が引けなければ美味しい米はできない。お酒もできないことになる。
 6月は田植えで酒が飲めるぞ。日本のデンマークと呼ばれたこの農地を守って欲しい。 追記6月17日