setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑱家造り(最近の住宅情報)その1 前編

 建材不足と円安、家もいよいよ上がる気配が濃厚だ。ローンの組み方も考えないと大変なことになりそうだ。

 住宅業界も結構大変みたい。新しいアイデアを出していかないと、いけない。最近一条工務店が、水害時に水に浮かぶ家を考えている。高気密なので水も入ってこない。面白いアイデアだ。

 サーラ住宅も考えていた。アレルギー対策は以前から考えていた。今回古市さんの口から聞けたのは、自分が欲しい物の1つだった。耐震と高断熱、そして太陽光や風力発電などの自然エネルギーの利用。太陽光発電はもう普通になってきた。太陽光で作った電気を自動車に、そして自動車から家に給電できること。V2Hだ。これからは必要だと打ち合わせでは言ってきた。でも高い。当時三菱製(もう作っていない)のV2Hは200万円もした。ニチコン製のパワーステーションでは自動給電ではなく、車の12V(シガレット)にいちいち繋がないと機械が作動しない。その後プレミアム仕様が出て自動給電になるがやはり高い。補助金込みでも100万円近い。なかなか他の企業がこの分野に新しく参入してこなかった(自分が知らないだけかもしれないが)。デンソーニチコン製のOEMだ。

 サーラは、低予算で車から災害時に給電するシステムを導入したのだ。日東エルマテリアの『SMARTエルライン Light]』だ。


長くなるので後編につづく