setokouchanの日記

ついに70、年寄がPHEVで観音巡りにチャレンジ中。コロナ禍で家でごろごろが多いが。現在は子供の頃を思い出しながら妄想したり観音巡りの記事を充実しようとそれなりに奮闘中。

⑲家造り(最近の住宅情報)その1 後編

 ACコンセント付きの車が増えた。 このAC電源から屋外のボックスに繋げば、室内に直接給電できるシステムだ。予め5箇所を設定しておけば電気が使える。ただし1500Wまでだ。コンセントがついているHVやPHVなど対象車種が多い。車にコンセントがついていればいい。エンジンは掛けないといけないのかな。残念ながら日産リーフやアリアにはAC電源がなかった。軽のEV車にもなさそうだ。

 自分のPHEVでも使える。我がクルマにも当然1500wまでのAC電源が付いている。1500wまでだと冷蔵庫と卓上スタンドのような照明、小型のIH程度だろう。しかもダルマ型の延長コードで車から引っ張ることになる。

 サーラのこのシステムは、簡易型ながら部屋の照明もつかえる。5箇所限定だが、ダイニングキッチン、リビングなど部屋を決めておけばスイッチ一つで明るくなる。車と外部の給電を結ぶだけだ。

 V2Hは万能ではあるが、補助金込みで100万円ほどかかる。新しいシステムは、制限があるが最低必要なことができる。30万円ほどで後付けもできそうだ。う〜ん。

やるな!サーラ住宅。やっちゃえサーラ。

 車がなくても、発電機でもOKだ。ホンダの発電機があれば当分電気が使える。外にお置けるので排気も気にならない。おもしろい選択肢だ。